Change Job New Graduate Skill Up

相手からの信用を落とす13のジェスチャー|面接対策

投稿日:2016年12月23日 更新日:

ビジネスシーンなど、人との会話の中で避けたいジェスチャーはなにかー

起業家向け大手WEBサイトEntrepreneurが人との会話の中で相手からの信用を落とすジェスチャーを調査し、13パターン発表した。

腕を組む、前かがみになる、など普段癖で何気なくやってしまうジェスチャーが、知らぬ間に相手に不信感を与えていることが分かった。

また、相手の印象を決める8割の要素がジェスチャーなどの外見である。ビジネスシーンだけでなく就職活動などの対面の場でも、話の内容よりこれらのジェスチャーを避けることに注意を向けたほうが良いかもしれない。

また、これらのジェスチャーに気をつければ相手との強いリレーションシップが築けるはずだ。

今回の記事では、発表された13パターンを紹介する。

 


 

1. 大げさなジェスチャー

大げさなジェスチャーには、あなたが事実を誇張しているとみなされる。

 

2. 腕を組む

腕を組むと、相手の言うことを受け付けないという印象を与えてしまう。

 

3. 言葉と表情の不一致

言うことと表情の不一致は、真実を語っていないとみなされる。また、自分たちを騙そうとしているのではと疑われる。

 

4. 身体を相手に向けない

相手の話に集中していない、興味がない。相手と話していて不快である、相手を信用していないと思われる。

 

5. 前かがみになる

相手を軽視していると思われる。また、退屈で、その場から離れたいといった印象を与えてしまう。

 

6. アイコンタクトを避ける

相手に対して何か隠していると思われる。また、あなたに対しての疑いが強くなる。

 

7. 強く見つめすぎる

相手を支配しようとしていると思われる。

 

8. 時計を見る

会話中に時計を見ると、エゴが強く、我慢弱く、また相手をリスペクトしていないと思われる。

 

9. おおげさに頷く

不安を抱えながら賛成している仕草。何かしら納得できないことがあると思われる。

 

10. 貧乏ゆすり、髪をいじる

貧乏ゆすりや髪を直したりする仕草は、不安症、自意識過剰、集中力がないと思わせる。

 

11. しかめっ面

不幸そうな顔をしていると何かに動揺している様に見えてしまう。

 

12. 弱い握手

握手が弱いと自信や権威のない人だと思われてしまう。逆に強すぎるのも、相手を支配しようと思われる。場面によって握る強さを変えるべきだが、できるだけしっかりと握るほうがよい。

 

13. 相手に近寄りすぎる

相手の約45cm以内に立つとパーソナルスペースを無視し、相手に不快感を与えてしまう。

 


 

アメリカ流「質問術」と「会議でスマートに見せるコツ」Forbesが公開!

 

-Change Job, New Graduate, Skill Up

Copyright© エンタメ企業への就職・起業なら オンステージ , 2018 AllRights Reserved.